高級アルコール系シャンプー

書籍やネットを参考にシャンプーについて調べてみた

意識する事が少ないシャンプー

今まではどなたでも知っている、あまり意識することなく使用しているシャンプーも私も使用していて、自分で買ってくるというよりも家族が使用しているのをそのまま使用していたので、シャンプーのこと自体あまり詳しく知りませんでしたが、フケなどが出始めたのをきっかけに色々シャンプーの事を調べたりしてシャンプーも変えてみました。

 

シャンプーの事を調べるとなると商品も多いので、石鹸について調べたりするくらい認知度が高いものですが、本とかなどで色々調べたりしましたし、ネットで書かれていることもある程度参考になりました。

 

ネットの情報の方が色々書かれていますが、簡単な導入くらいの知識などとっつきやすさがある情報も多いです。正しい情報かどうかは難しい場合もありますが、ほんのちょっと分かり易く学んだりするのにはちょうど良い感じだと思います。

 

逆に専門的すぎるとパソコンで目を追うのだと中々頭の中に入ってこないので、本や書籍の方が分かり易い面が私の中にはあります。調べたりするだけではあまり意味がないので、色々な種類のシャンプーを使用してみました。

 

メーカーにこだわらずシャンプーの種類を色々使ってみた

どのメーカーというよりも石鹸シャンプーやアミノ酸系シャンプーなど色々メーカーにこだわらず使用してみました。

 

石鹸シャンプーは、液体の石鹸シャンプー自体を使用しなくても浴槽に置いてある石鹸や顔を洗う際に使用する石鹸で髪を洗ったこともあるかもしれません。

 

実際に石鹸シャンプーを使用しても使用感に対しては大差はなく、固形の石鹸を使用した際に起こる髪のきしみなどは変わらずに起きました。結果的に固形の石鹸を使用しても素の髪であれば問題ないな?という感想です。

 

リンスなどがあればよいのですが、以前使用していた通常どこにでも置いてある便利でもあるシャンプーには、リンスもトリートメントなどもあったりしますが、そのリンスを活用するよりは石鹸シャンプーに使用しやすいリンスを使用したほうが良いかもしれません。なので、

 

シャンプーは自家用の石鹸などで代替えできますが、リンスだけは用意しておくと良いかもしれません。

 

石鹸シャンプーに慣れている方とかになればリンスとか使用しないで髪がきしんだ状態で、乾かしてしまえば、特に髪がばさばさになった状態になったりしないのも分かっているので、リンスを使用しない場合もあるかもしれません。

 

私の場合には、石鹸シャンプーを使用しながら他のシャンプーなどを使用したりしていたので、1本のシャンプーが使い終わるという使い方ではなく、日によって使い分けていたりしました。そのため石鹸シャンプーだけを使用して1か月とか使用したという訳ではないので、種類ごとに髪や頭皮への影響というのは分かりませんが、主に使い勝手や使用感などはわかってきたので、石鹸シャンプーは時々使用する程度のとどめて、ネットでも人気なアミノ酸系シャンプーを色々使用するに至りました。

 

アミノ酸系シャンプーでも洗髪後の洗い上がり感は全然違う?

アミノ酸系シャンプー自体は美容院でも使用していることもあり、マイナーなシャンプーなど色々購入できる環境ではありますが、低刺激のアミノ酸系シャンプーから一般的には高洗浄力な高級アルコール系でノンシリコンシャンプーなど色々使用してきました。

 

やはりある程度洗浄力がないとより水などお湯で洗った際などの爽快感がない状態により近くなっていく感じですかね。

 

お湯で洗うのに慣れているような場合でもシャンプーする場合にはサッパリしたいと思う方も多いと思いますので、髪の使用感か洗髪後の爽快感というか洗った感が気になる場合などで使用するシャンプーというのは異なるのかもしれませんね。